おしゃれなフォトブックには遠景で撮影している写真を選ぶ

遠景の写真を載せて単調なフォトブックから脱却しよう!

おしゃれだと感じるフォトブックには、遠景で撮影している写真を効果的に載せているという特徴があります。いくら上手に撮れている写真だとしても、近景の写真ばかりが選ばれていると単調な印象になってしまいます。また、人物写真ばかりが選ばれていてもおしゃれな雰囲気を出すことは出来ません。

では、どのようにするとおしゃれなフォトブックになるのでしょうか。そのためには遠景の写真を適度に登場させるということがポイントになります。例えば、旅行の思い出を記録するフォトブックを作ろうとした時、旅行中に遠景で撮影した風景写真などを見開きに1~2枚挿入することで単調さがなくなり、センスの良いフォトブックを作ることが出来ることでしょう。おしゃれなフォトブックを完成させるためにも、日頃から遠景の写真を撮るということを心がけた方が良いのかもしれません。

上手な遠景写真を撮るためのコツ

遠景写真を載せることでフォトブックにおしゃれ感が増すとは言っても、ほとんどの人はあまり遠景の写真を撮っていないのではないでしょうか。もし、これからはおしゃれなフォトブックを作りたいと思っている人は、どんどん狙って遠景の写真を撮っていきましょう。遠景写真を撮る際のコツですが、ただ漠然と目に入っている風景を撮っているだけでは綺麗な写真にはなりません。この時に意識して欲しいのが写真のアングルです。被写体に限らず、慣れないうちは水平と垂直を意識して撮影するようにしましょう。それだけでも写真の印象がぐっと引き締まります。また、遠くの景色だけでなく手前の景色(近景)を入れることでも奥行き感のある写真を撮ることが出来ますよ。